HOME>アーカイブ>学校を選ぶ時の基準とその費用を理解しておこう
勉強する学生

何を学びたいかを明確にする

東京といえば、日本一高校の数が多い場所でもあります。全日制高校も多いですが、通信制高校もまた少なくありません。通信制高校を選ぶ場合には、その選び方をよく理解しておくと後悔せずに3年間通い続けることができるでしょう。実際に、何となく高校を決めてしまい結果的に途中で中退してしまう人も多い中で明確な目標を持っている人ほど3年間続けて勉強し卒業することができるようになります。明確な目標といっても、中学を卒業したばかりの人はまだないかもしれませんが自分が将来何をやりたいかあるいはどのような道に進むとワクワクするかといった点から考えてみるとやりたいものを絞ることが可能になります。逆に、何となくまわりの人が進学しているから自分も一緒に進学しようとする考え方では長続きしない可能性もありますので、常に自分のやりたいことが実現できる高校はどこかを探しておくべきです。

都立と私立で料金が異なる

東京の通信制高校の費用といっても、都立と私立では大きく料金が異なります。都立高校の場合は、そもそも入学金や授業料などは非常に少ないです。おおむね1年間で\50000もあれば勉強することができるでしょう。3年間で15万円程度になりますので、非常に負担が少ないことが理解できます。その一方で、私立高校の場合には1年間でおよそ50万円するところもありますが、全日制高校とはちがい比較的安いところも少なくありません。そもそも高校自体に通わず教材などが配布されることとレポートを年に数回提出するだけですので、全日制高校に比べると半額ぐらいになることも多いです。このように金額だけでみると、私立高校の選択は避けたいと感じる人もいるかもしれませんが、カリキュラムが充実していることやさまざまな種類の勉強ができることなど非常に魅力的な部分もあることを知っておきましょう。

広告募集中